ミサノテスト ドヴィツィオーゾ「新しいライディングスタイルがうまく機能した」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

チャンピオンシップリーダーとなったものの、レースの内容は良くなかったドヴィツィオーゾだが、テストではポジティブな走行ができたと語る。新しいリアタイヤによってライディングスタイルの変更が必要となったわけだが、うまく適応することができたようだ。アンドレア・ドヴィツィオーゾ

全体的にポジティブにテストを終えた

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「今週末のレースでは違うレースをしたいと思います。フィーリングがかなり改善していますからね。2日後にグリップレベルが高い状態でテストができたのは非常にポジティブでした。新しいパーツも試しており全体的に非常に良かったですね。」

「今回は新しいライディングスタイルを試してみましたが、これがうまく機能しました。リアタイヤの変化によって異なるスタイルが必要になったわけです。ブレーキングやコーナリングエントリーの仕方を少し変えていますが、より快適に走行することができていますしコンスタントですね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ
「やりたいテストは全て完了していましたから午後の走行はしませんでした。今週に関しては先週よりもはるかに良い形でレースに挑むことができるでしょう。しかしバルセロナのようにグリップレベルが低いトラックでどうなるかは見ていく必要があると思います。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin)