4月のル・マン24時間耐久ロードレース 2021年も無観客での開催が決定

4月のル・マン24時間耐久ロードレース 2021年も無観客での開催が決定

4月のル・マン24時間耐久ロードレース 2021年も無観客での開催が決定

ル・マン24時間耐久ロードレースは無観客で開催

2021年も引き続きコロナウイルスがレース界に影響を与えている。今年4月17日、18日にフランスで開催される第44回ル・マン24時間耐久ロードレースは、無観客で開催されることが決まった。

レースオーガナイザーのフランス西部自動車クラブ、FIM、世界耐久選手権(EWC)プロモーターであるユーロスポーツイベントは、2021年シーズンに年間5戦開催されるレース全体のスケジュールは変えず、参戦チームにとってスケジュール変更を発生させないためにも、無観客の状態で開催を優先することを決めた。

Advertisement

ピエール・フィロン フランス西部自動車クラブ

「残念ながら24時間耐久ロードレースは2年連続で無観客での開催となります。 今年も再びレースを観戦できないファンの皆さんには申し訳なく思っています。 無観客ではありますが、競技参加者とスポンサーのためにもレースの日程は変更しません。できるだけ早いタイミングで再びレースの興奮をファンの皆様と現場で分かち合いたいと考えています。」

ホルヘ・ビエガス FIM会長

「 2年連続での無観客レースとなりますが、2021年のルマン24時間耐久ロードレースも最高のショーになると確信しています。フランス西部自動車クラブ、FFM、ユーロスポーツイベントには、 再び素晴らしいショーを、テレビそしてデジタルプラットフォームで多くのファンの皆様に届けてくれることを感謝いたします。」

Advertisement

セバスチャン・ポワリエ FFM(フランスモーターサイクル協会)

「ル・マン24時間耐久ロードレースが、無観客で再び開催となる事は非常に残念です。 レースを運営する立場から難しい決断をフランス西部自動車クラブ、ユーロスポーツイベント、FIMが行いました。 これはレース日程を変更したくないと我々が考えたためです。多くのファンと同様に、TVやデジタルプラットフォームでレースを見守りたいと思います。」

フランコ・リベイロ ユーロスポーツイベント

「無観客でのレースという決断は実に苦しい決断となりました。しかしチャンピオンシップとチームのためにも早めに決断を行うことにしました。2020年に初めて無観客でレースを開催したのはフランス西部自動車クラブでした。それもあって、4月のル・マン24時間の開催前にこうした発表を行いました。今後のイベントについても、必要があれば無観客での開催となるでしょう。」

(Source: EWC)

(Photo courtesy of EWC)

世界耐久選手権(EWC)カテゴリの最新記事