ブラッド・ビンダー「2020年は多くを成し遂げたシーズンだった」

ブラッド・ビンダー「2020年は多くを成し遂げたシーズンだった」

KTMのファクトリーライダーとして2年目のシーズンを迎えるブラッド・ビンダー。2020年はレース結果だけでなく、週末の過ごし方についてもより良い方法を見つけ、改善を進めることが出来たと語る。

Advertisement

強力なパッケージがある

ブラッド・ビンダー


2020年は多くを成し遂げたシーズンでした。KTM初の優勝も達成しましたしね。しかしそれ以前にも優勝出来ることが出来た機会は何度もありました。現時点でここからさらに改善していく余地は少なくなりましたが、昨年は中盤にスランプがあったものの、しっかりと改善していくことが出来ました。」

「自分自身も結果が改善しただけでなく、週末に挑む心がけ、セッションの進め方が上手になりました。現時点で強力なパッケージがあると感じています。良い方向に向かっていますし、今年またバイクに乗ることが出来るのが嬉しいですね。」


Advertisement


Advertisement


Advertisement


Advertisement


(Source: KTM)

(Photo courtesy of KTM)

MotoGPカテゴリの最新記事