カタルーニャ公式テスト2日目 18位バウティスタ「胸部の痛みでテストを中断した」

カタルーニャ公式テスト2日目 18位バウティスタ「胸部の痛みでテストを中断した」

カタルーニャ公式テスト2日目 18位バウティスタ「胸部の痛みでテストを中断した」初日に多くの作業をこなし、2日目も走行を重ねたかったアルヴァロ・バウティスタだが、 トレーニング中にモトクロスの転倒で痛めた胸部を悪化させないためにも、2日目は走行を途中で切り上げている。

Advertisement

多くの情報を収集できた

アルヴァロ・バウティスタ

先週末にモトクロスバイクで転倒して胸部を打っていました。バルセロナでバイクに跨ってみて初めて痛みが予想以上であることに気づきましたが、昨日はテストをこなすことができていました。」

「バイクの様々なエリアに関して多くのパーツをテストしています。エンジンセットアップから電子制御、重量配分からライディングポジションに至るまで、内容は様々です。HRCは冬の間に素晴らしい作業をしてくれたと感じています。シーズン開幕に向けてより良いペースがあると感じていますし、走行中もよりコンスタントで電子制御について特に良い印象を受けます。

「今朝は胸の痛みが激しく、昨日多くのテストをこなしたことを考えて、チームとともに走行を継続しないことを決定しました。状態の確認のために数周走行してみましたが、無理だと判断しました。いずれにしても日本に送るべき多くの情報を収集することができましたし、次回のテストまでに改善を進めることができると思います。」
(Source: HRC)

(Photo courtesy of HRC)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事