カタルーニャ公式テスト2日目 2位スコット・レディング「マシンのフィーリングは悪くない」

カタルーニャ公式テスト2日目 2位スコット・レディング「マシンのフィーリングは悪くない」

カタルーニャ公式テスト2日目 2位スコット・レディング「マシンのフィーリングは悪くない」Ducatiチームは電子制御とセットアップに関して集中して作業を行った。スコット・レディングは最後のタイムアタックで2番手タイムを獲得、ジョナサン・レイに続いて2位を獲得している。なお、Ducatiは4月12日、13日にアラゴンでプライベートテストを行う。

Advertisement

フィーリングとグリップの改善に取り組んでいる

スコット・レディング

「今回のテストでは、特に長いコーナーにおけるマシンの弱点を改善するためにハードワークを重ねてきました。また、マシンのフィーリングとグリップの改善にも取り組んでいます。この面である程度の進化は遂げているが、まだ何かが欠けていることは確かです。全体として見れば、マシンのフィーリングは良かったので満足しています。」

Advertisement
カタルーニャ公式テスト2日目 2位スコット・レディング「マシンのフィーリングは悪くない」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事