WSBKアラゴンテスト 2日目のトップタイムはスコット・レディングが記録

WSBKアラゴンテスト 2日目のトップタイムはスコット・レディングが記録

WSBKアラゴンテスト 2日目のトップタイムはスコット・レディングが記録アラゴンで開催されていたWSBKテストが終了。結果的にWSBKクラスのライダーは9名が走行を完了、2日目にトップタイムを記録したのはスコット・レディングとなった。

Advertisement

トラックの温度は40℃を超え、テストで記録された好タイムは午後に集中した。スコット・レディングのタイムである1’48.780は、昨年ジョナサン・レイが記録したスーパーポールのタイムから僅か0.013秒差。2位にはマイケル・ルーベン・リナルディ、3位はヤマハのギャレット・ガーロフだった。4位タイムはチャズ・デイビス、5位ロカテッリ、6位ティト・ラバト、野左根は8番手タイムを記録してテストを終えた。

WSBK アラゴンテスト2日目結果

1位 Scott Redding (Aruba.It Racing – Ducati) 1’48.780 80周
2位 Michael Ruben Rinaldi (Aruba.It Racing – Ducati) 1’49.205 85周
3位 Garrett Gerloff (GRT Yamaha WorldSBK Team) 1’49.439 73周
4位 Chaz Davies (Team GoEleven) 1’49.775 75周
5位 Andrea Locatelli (Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK) 1’50.257 66周
6位 Tito Rabat (Barni Racing Team) 1’50.518 97周
7位 Axel Bassani (Motocorsa Racing) 1’51.146 80周
8位 Kohta Nozane (GRT Yamaha WorldSBK Team) 1’51.277 58周
9位 Christophe Ponsson (Alstare Yamaha) 1’52.269 57周

(Photo courtesy of Ducati)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事