FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021アラゴン戦 レース2 7位ギャレット・ガーロフ「自分のミスがとても悔しい」

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021アラゴン戦 レース2 7位ギャレット・ガーロフ「自分のミスがとても悔しい」

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021アラゴン戦 レース2 7位ギャレット・ガーロフ「自分のミスがとても悔しい」GRTヤマハ・ワールドSBKチームのギャレット・ガーロフは今年に入ってテストから存在感を発揮。早くも開幕戦で表彰台を獲得した。レース2ではジョナサン・レイと接触があったが、幸いにもチャンピオンのレイを巻き添えに転倒することは避けた。しかし転倒後も走り続け、最終的に7位を獲得している。

Advertisement

チームに最高の結果をもたらしたかった

ギャレット・ガーロフ

「日曜日はスーパーポールレースで3位を獲得し、とても良いスタートを切ることが出来ました。チームと共にインターミディエイトタイヤを選択しましたが、これが良い判断でした。2位を獲得出来たと思いましたが、いずれにしても表彰台に上ることができて良かったです。レース2はスタート時からとても調子が良く、表彰台争いをしたかったので自分のミスがとても悔しいです。」
FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021アラゴン戦 レース2 7位ギャレット・ガーロフ「自分のミスがとても悔しい」
「ジョナサン・レイの真後ろにいたんですが、彼のようにバイクを減速出来ませんでした。残された選択肢は彼のバイクに後ろからぶつかるか、彼の内側に入って彼と接触しないで済むか祈るしかなかったんです。残念ながら接触してしまいましたが、少なくともレイ走行することができました。」

「自分は転倒しましたが、すぐにバイクを越して走り続けることができました。パーツが少し曲がってしまいましたが、全体的にはマシンの調子が良かったので、こうしたミスはあったものの、チームに最高の結果を与えようと走りました。最終的にはインデペンデントチームトップになれたのは良かったですね。来週は大好きなエストリルですから楽しみです。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事