FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 アラゴン戦 レース2 16位リナルディ「キャリアの中でも最悪のレースだった」

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 アラゴン戦 レース2 16位リナルディ「キャリアの中でも最悪のレースだった」

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 アラゴン戦 レース2 16位リナルディ「キャリアの中でも最悪のレースだった」マイケル・ルーベン・リナルディは今回のアラゴン戦で苦戦。特に難しいコンディションとなったレース2ではタイヤ選択を失敗、16位でレースを終えた。キャリアの中でも最悪のレースとなってしまったとアラゴン戦を振り返る。

Advertisement

気持ちを切り替えてエストリルに挑みたい

マイケル・ルーベン・リナルディ

「今日のようなレースでは、状況を分析して正しい選択をしなければなりません。今回は誤った判断をしてしまい、キャリアの中でも最悪のレースの1つとなってしまいました。昨年のアラゴンでは、3つのレースすべてで表彰台を獲得していますが、今年はわずか9ポイントしか獲得できていません。とにかく今は、マシンのフィーリングを取り戻すことが必要です。気持ちを切り替えて、モチベーションを落とすことなく、チームと一緒になって次のレースに臨みたいですね。」FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)2021 アラゴン戦 レース2 16位リナルディ「キャリアの中でも最悪のレースだった」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事