バレンティーノ・ロッシの引退に向けた各選手の言葉

バレンティーノ・ロッシの引退に向けた各選手の言葉

バレンティーノ・ロッシの引退会見の後に、プレスカンファレンスに出席した選手達がバレンティーノ・ロッシに対してのコメントを語った。どの選手にとっても子供の頃から活躍するバレンティーノ・ロッシの引退は半ば信じられない話であったようだが、一様にバレンティーノ・ロッシが世界のファンに与えたインパクトの大きさを口々に語った。

Advertisement
ファビオ・クアルタラロ

ファビオ・クアルタラロ

「ロッシが引退するなんて信じがたいですね。彼は自分が産まれる前に既に2度タイトルを獲得していました。来年彼がグリッドにいないなんてことは悲しいですよ。彼こそがMotoGPライダーになりたいと思わせてくれた人物なんです。」

「彼と一緒に写真を撮ろうと出待ちをしていた、そんな存在です。まさに彼はこのスポーツの伝説的な人物で信じられないようなキャリアを歩んできた人です。彼は自分のヒーローですし、伝説の存在で有り続けるでしょう。」

ヨハン・ザルコ

「彼が来年居ないのは残念ですね。しかし彼がこのスポーツに対して与えてくれたことには大いに感謝しています。このスポーツの位置づけを変えてくれた存在ですよね。バイクのことを何一つ知らない人物であってもバレンティーノ・ロッシの事は知っているわけですから。本当に大きな存在ですね。彼が引退する瞬間が来るのは理解していましたけどね。」

「子供の頃から彼が活躍するのを見て、そして自分のヒーローになり、そしてこうして一緒にレースをしている。そんなスポーツ選手はそう多くはいません。彼が今まで成し遂げてきたこと、教えてくれたことに感謝したいと思います。」

ジョアン・ミル

「バレンティーノ・ロッシとこうしてレース出来たことは光栄なことです。実際彼が引退発表をする瞬間は、彼以上に緊張していたかもしれません。でも彼は人生に必要なものはすべて揃っていますからね。彼はバイクの世界においてマイケル・ジョーダンのような存在です。歴史上、バレンティーノ・ロッシのような選手はもう出てこないでしょう。」
ファビオ・クアルタラロ

マーべリック・ビニャーレス

「彼は自分が子供の頃から憧れていた存在です。彼がレースで勝った際の祝い方など、大好きでした。大人になって幸運にも彼と同じチームでレースをする機会をもらいました。彼とデータを共有したり、技術的な意見交換をしてきましたし、彼からは多くのことを学びました。彼はアイドル、伝説以上の存在です。自分がそれこそ3歳の頃から参考にして憧れてきた人なんです。」

「悲しいですが、同時に彼がMotoGPをここまで成長させてくれたことに感謝したいですね。彼とチームを共に出来たことは本当に光栄なことでした。彼と言い争うこともありましたし、共に楽しむ時間もありました。本当に本当に幸せな時間でした。バイクから離れても彼は常に素晴らしい人でしたし、彼はまさにバイクという言葉そのものなんです。」

ミゲル・オリヴェイラ

「多くの人と同様に、自分が子供の頃から参考にして憧れてきたのがバレンティーノ・ロッシです。子供は常に強い選手が好きですから、子供であればバレンティーノ・ロッシのことが好きになるのは当然でしょう。彼はそれだけ勝ちまくっていましたからね。」

「彼は多くのタイトルを獲得しただけでなく、Ducatiに移籍して、ヤマハに戻ってきても、多くの人々が彼をサポートし続けました。結果が出なくても、彼には人を惹きつける魅力がありました。彼と共にレースが出来たのは本当に幸せなことですね。」

カル・クラッチロー

「ペトロナス・ヤマハ・SRTに代役で加入したその週にバレンティーノ・ロッシの引退発表を聞く形になりました。自分でさえも若い時からバレンティーノ・ロッシを見ていました。自分がまだイギリスで走っている時にバレンティーノは世界で戦っていましたが、彼のレースは見ていて面白かったですね。自分がヤマハに加入した時、彼もヤマハにいましたね。バレンティーノ・ロッシがこのスポーツに対してしてくれたことは信じられないような業績です。」

「世界中どこに言ってもバレンティーノ・ロッシという名前は皆が知っているわけです。このスポーツを体現する存在です。彼は自分が引退した以上の年齢でレースを続けていますが、彼の速く走りたいというモチベーションは驚くべきものです。全盛期同様のスピードで走り続けているということは、メンタル面でもフィジカル面でももの凄いことです。彼と一緒にレースが出来たこと、同じメーカーで走れたこと、いくつかのレースでチームメイトとして走れたことは最高の経験ですね。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事