MotoGP2021オーストリアGP 予選3位フランセスコ・バグナイア「ミシュランと話し合いを持ちたい」

MotoGP2021オーストリアGP 予選3位フランセスコ・バグナイア「ミシュランと話し合いを持ちたい」

フランセスコ・バグナイアは今回は予選で3位を獲得。しかし練習走行と予選でリアタイヤのフィーリングが大きく異なっていたようで、苦戦しながらのフロントロー獲得となった。明日は自信はあるとしながらも、タイヤについて課題を感じているため、ミシュランと相談したいとのこと。MotoGP2021オーストリアGP 予選3位フランセスコ・バグナイア「ミシュランと話し合いを持ちたい」

Advertisement

明日はベストを尽くしたい

フランセスコ・バグナイア

今回はフラストレーションが溜まる予選でした。最初の走行ではトラックリミットを超えまくっていたので、ラップタイムを記録するのは無理だと思っていました。2回目の走行では少しマシではありましたが、なぜか練習走行とリアグリップが異なっていました。何故かは分かりません。どんなに激しくプッシュしたとしても、リアタイヤがしっかりと機能しなければタイムを出すのは難しいですからね。」

あまりにも激しくプッシュをし過ぎたことで、フロントタイヤが何度も滑りましたし、フロントタイヤが(リヤにプッシュされ)終わってしまうような状況でした。これについては、この後ミシュランと話し合いをする必要があるでしょう。タイヤをコンスタントに使用するには、どうしたら良いのか考える必要があります。

「いずれにしても、ゴールであったフロントローを獲得することができていますから、それ自体は良いことです。FP4では決勝レース向けてしっかりと準備ができています。20周を超えたユーズドタイヤであっても安定したペースで走行することができています。」
MotoGP2021オーストリアGP 予選3位フランセスコ・バグナイア「ミシュランと話し合いを持ちたい」

Advertisement

明日はレースにおいて高い戦闘力を発揮することができると思いますが、トラブルフリーで戦いたいですね。しかしホルヘ・マルティン、ファビオ・クアルタラロが非常に強力ですから、どうなるかは分かりません。」

「いずれにしても自分のベストを尽くしたいと思います。フロント集団で走行できる事は間違いないでしょう。明日は雨になる可能性もありますが、いずれのコンディションであってもフロントで走行したいですね。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事