バレンティーノ・ロッシ「ジョナサン・レイがMotoGPに適切な形で挑戦出来なかったのは残念」

バレンティーノ・ロッシ「ジョナサン・レイがMotoGPに適切な形で挑戦出来なかったのは残念」

今年FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)でジョナサン・レイとチャンピオンシップを争っているトプラック・ラズガトリオグルについて、バレンティーノ・ロッシは、2人のチャンピオンシップ争いが非常に魅力に溢れていること、ジョナサン・レイ、トプラック・ラズガトリオグルいずれもMotoGPクラスで競争力を発揮出来るだろうと語った。

トプラックのライディングに関しては色々な意見があるが、レースを面白くしている魅力あるライダーであることは間違いない。2023年までFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)で戦うことが決まっているトプラック・ラズガトリオグルだが、どこかのタイミングでMotoGPに参戦する未来が訪れるだろうか。

Advertisement

WSBKマニクール戦レース2 2位ジョナサン・レイ「スーパーポールレースなら優勝のチャンスがあるかと思っていた」

レイ、トプラックのバトルは面白い

バレンティーノ・ロッシ

「今年FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)のジョナサン・レイ、トプラック・ラズガトリオグル2人のバトルは見ていて楽しいですね。2人ともトップレベルの選手で、2人の戦いは見応えがあります。」
WSBKマニクール戦 初日総合1位 トプラック・ラズガトリオグル「優勝争いがしたい」
「そういったこともあって、5年、6年前にジョナサン・レイがMotoGPに適切な形で挑戦出来なかったのは残念ですよね。彼はスピードを発揮出来た可能性ががありましたし、今でもその可能性があるかもしれませんよね。」

「トプラックは新生代のライダーで、若く、フィジカルが強い選手です。バイクのコントロールも素晴らしいですし、それが彼自身の強みになっていると思います。ですから、トプラックがM1に乗ったらどうなるか楽しみですよ。彼はまだ若く、ポテンシャルに満ちていますからMotoGPでも活躍出来ると思います。」

(Photo courtesy of KRT, Yamaha Racing)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事