FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)アラゴン戦 レース1優勝はジョナサン・レイ

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)アラゴン戦 レース1優勝はジョナサン・レイ

2022年のFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)アラゴン戦のレース1は最終コーナーまで続くバトルが展開された。優勝したのはカワサキのジョナサン・レイ、2位アルヴァロ・バウティスタで、2人の差は僅かに0.09秒となった。

Advertisement

3位のトプラック・ラズガットリオグルはフロントタイヤが激しく摩耗したことで優勝争いに加わることは叶わなかった。4位はマイケル・ルーベン・リナルディ、5位ロカテリ、6位イケル・レクオナ、7位シャビ・ビエルへ、8位MYKHALCHYK、9位ギャレット・ガーロフ、10位ラバティーとなった。

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事