brembo(ブレンボ)による MotoGP2022スペインGPプレビュー

brembo(ブレンボ)による MotoGP2022スペインGPプレビュー

brembo(ブレンボ)による MotoGP2022スペインGPプレビューポルトガルGPから1週間後、MotoGPはイベリア半島でスペインGPを迎える。すべてのMotoGP世界選手権ライダーと密接に協力しているブレンボの技術者によれば、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトは、ブレーキにとって非常に厳しいコースに分類される。

Advertisement

1から6の難易度指数で評価すると、難易度指数は4となり、シーズン最初のラウンドの中では非常に高い評価となる。MotoGPライダーがテスト走行を行った11月中旬は、アスファルトの温度が16℃から20℃と、この時期の気温よりかなり低かった。トラックは勾配が変化するため、扱いやすくバランスが取れており、ブレーキング時の安定性の高いバイクが求められる。brembo(ブレンボ)による MotoGP2022スペインGPプレビュー

MotoEもブレンボ製コンポーネントを使用

ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトは、FIM MotoEワールドカップの最初のステージでもあり、エネルジカが製造した18台のエゴ・コルサがグリッドに並ぶ。これらのバイクには、直径336mm、厚さ7.1mmのT-Driveスチールディスクを含むブレンボ製ブレーキシステムが搭載されている。

チタン製、4種類の直径のピストンを持つモノブロックフロントキャリパー、Z04パッド、19 mm径、ストローク18 mmのラジアルマスターシリンダーも当然ブレンボ製だ。これらのパーツはMotoGPよりもスーパーバイク世界選手権に似た装備と言える。

サーキット走行を楽しむ人に向けたブレンボ・アップグレード レーシング

スーパーバイクレースに関わる人ならば、パワーとトルクの向上を求める前に、ブレーキシステムの向上が重要であることを知っている。最高の性能を持つシステムでさえ、ブレンボ・アップグレード・レーシングの製品群を使用することで大幅な改良の余地があるのだ。

Advertisement
brembo(ブレンボ)による MotoGP2022スペインGPプレビュー

サーキットでは重量が重くなるとラップタイムが上がる。そのため、PISTA BASSAブレーキディスクのような、制動バンドの高さを抑えたディスクを好む愛好家が増えている。このシステムの結果、このブレーキディスクは従来のものよりも軽量になっている。brembo(ブレンボ)による MotoGP2022スペインGPプレビュー

ターン3は例外

MotoGPライダーは、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトのターン3を除くすべてのコーナーでブレーキングを行う。しかし、ターン4、7、10、12でブレーキをかける時間はいずれも2秒以下だ。全長4.5kmに満たないサーキットとしては記録的なことと言えるだろう。

Advertisement
brembo(ブレンボ)による MotoGP2022スペインGPプレビュー

スタートラインからチェッカーフラッグまで、ライダーがブレンボのブレーキレバーにかける力をすべて合計すると11トン強となり、これはミサノ、バレンシアに次いでシーズン3番目の高荷重となる。各ラップでの総荷重は43.5kgで、ヘレスではわずか3つのターンで荷重は5kgを超える。

5.4秒間で230km/h以上を減速

ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトにある12のブレーキングセクションのうち、2つはブレーキへの負担が大きく、5つは中程度の難易度、残りの5つはブレーキシステムへの負担が軽いとされている。brembo(ブレンボ)による MotoGP2022スペインGPプレビュー

0.6kmの直線区間では時速300kmを超え、制動時間は5.4秒間、減速Gは1.5Gとなる。ブレーキレバーに掛かる荷重は最大5.9kg、制動距離は238mで時速68kmでコーナーに進入する。

(Photo courtesy of Brembo)

MotoGPカテゴリの最新記事