★MotoGP2017 8/16時点でのポイントスタンディング

オーストリアGPを終えてのチャンピオンシップ ポイントスタンディングです。ランキング1位は合計で174ポイントを獲得しているマルケス選手。シーズン前半の転倒はありましたが、こうして見るとコンスタントに表彰台を獲得しているのがわかります。これが同じくシーズン3勝を獲得しているランキング2位のドヴィツィオーゾ選手との大きな違いと言えるでしょう。

Sponsored Link

ランキング3位のビニャーレス選手もシーズン3勝を獲得しているのですが、調子が悪い時は表彰台から縁遠いため、マルケス選手、ドヴィツィオーゾ選手に離されています。現在チャンピオンシップ4位のロッシ選手は、今期優勝はオランダGPの1回のみ。チャンピオンシップ後半戦を考えると、そろそろ毎回表彰台に登っておかないとチャンピオンシップ争いから脱落してしまいかねません。チャンピオンシップ5位のペドロサ選手はロッシ選手と似たシーズンとなっており、今期の優勝数は1、コンスタントに表彰台に登っているものの3位表彰台が目立ちます。

チャンピオンシップ6位はルーキーのザルコ選手。さすがはMoto2で2年連続チャンピオンシップ優勝しただけあって、ルーキーシーズンながら着実にポイントを獲得している印象があります。ただ、本人のインタビューなどを聞く限りは、「1年目の今年は色々なことを試してみる」「チャンピオンシップ争いに絡んでいないからこそ攻めてみた」といったコメントも多く、来年に向けて色々と経験を積もうとしていることも伺えます。7位となっているのはロレンソ選手。ここ数戦はヤマハ時代のように、1周目から他を寄せ付けない速さを見せることも多いですが、現時点の課題はそのペースを最後まで維持出来ないことでしょう。

8位はフォルガー選手。地元ドイツでの2位も記憶に新しいですが、オーストリアではノーポイントに終わっています。9位はカル・クラッチロー選手。10位はダニロ・ペトルッチ選手となっています。なお、この8位から10位の3人のポイント差はそれぞれ1ポイントのため、来週末のシルバーストーンでのレースでランキングの変動が起こる可能性が高いでしょう。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ペドロサ「今年はあらゆる面で最高の自分を見つけていきたい」
★MotoGP2017開幕前アンケート結果発表
★MotoGP2017 ミシュラン ニコラ・グベール インタビュー
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGPプレビュー
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロレンソ「非常にまずい状況」
★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「ヘレスをランキング1位で迎えられるとは思わなかった」
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「ウェット、ドライともに良い感触」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★MotoGP2017フランスGP 予選1位ビニャーレス「良い結果が出せると思っていた」
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★MotoGP2017カタルーニャGP 優勝ドヴィツィオーゾ「マシン開発が最優先。チャンピオンシップ争いは視野にない」
★MotoGP2017オランダGP クラッチロー「勝つためにここにいる。サテライトでも優勝は可能。」
★MotoGP2017ドイツGP イアンノーネ「シュワンツの批評にはトラック上で応える」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネとの契約破棄はない」
★MotoGP2017アラゴン予選5位 マルケス「少しプッシュし過ぎてしまった」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「今回は雨のレースになればと願っている」
★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「常に問題なのはドヴィとマルクの2人」
★MotoGP2017マレーシアGP マルケス「チャンピオンシップにおいて最高のレースにしたい」