★ダカールラリー2019 モンスターエナジーホンダチーム シェイクダウンを完了

モンスターエナジーホンダチームはシーズンを通じて、このダカールラリーに向けて準備をしてきました。Kevin Benavidesが昨年2位を獲得していますが、チームは第41回大会に向けてしっかりと準備を進め、月曜にスタートを迎えるペルーでのラリーに備えています。

Sponsored Link

Joan Barreda (スペイン、35歳)、 Kevin Benavides (アルゼンチン、29歳)、 Ricky Brabec (アメリカ、27歳)、 José Ignacio Cornejo (チリ、24歳) and Paulo Gonçalves (ポルトガル、39歳)の5名はすでにレース前の検査を済ませこれからの挑戦へと準備を進めています。月曜のルートはまずLimaからPiscoが予定され、SS区間は84kmとなります。なお第一ライダーのスタート時間は現地時間の9:30となります。

Paulo Goncalves

「準備はしっかり出来ています。シェイクダウンも済ませ、全ての検査が終了しています。昨日は手術後の痛みもなくライディング出来て、しっかりとしたスタートが出来そうです。レースは厳しく長い戦いになるでしょう。注意深く、しっかりとゴールを目指す必要があります。今回のダカールは多くの砂、そして砂丘が待ち構えています。とはいえダカールであることには変わりません。」

Joan Barreda

「ずっと準備を進めてきて、ダカールに向けて準備が整っています。昨日のシェイクダウンは全てがポジティブでタイトル争いが出来る状態にあると思います。チームは懸命に作業を進めてくれ、戦いは月曜に始まります。ハードで厳しいダカールになるでしょう。今回のダカールはペール全体を走る厳しいものです。今回のダカールではナビゲーションが勝利の鍵となるでしょう。」

José Ignacio Cornejo

「2019年のダカールに向けて準備は済んでいます。モンスターエナジーホンダは全ての力で戦う準備が整っています。今年は昨年よりも良い状態でレースに挑むことが出来ています。昨年10位よりも良い結果を出したいと思っています。こうしてペルーでレースが出来ることを嬉しく持っていますし、レースではベストを尽くしますよ。」

Ricky Brabec

「昨日シェイクダウンを済ませました。ダカール2日前にテクニカルインスペクションを終えました。実際のところ町を駆け巡って必要書類にサインをしてもらい、マシンをチェックするので大変な1日なんです。この日のことが好きなライダーはいないでしょう。ただ、こうしたチェックの中で十分な水はあるか、バイクに問題はないかを確認してもらうわけです。今回チームには強力な5名のライダーが揃っています。これからの10日間で最高の結果を得たいと思います。」

Kevin Benavides

「全ての準備が出来ました。昨日はバイクをテストし、全ての検査項目をパスしました。今までの作業に満足しています。フィジカル面でも順位は整っていますし、メンタル面でも多くの期待を抱いています。この新たな冒険での戦いが待ち遠しいですし、ダカールで完走を目指して戦いたいと思います。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of HRC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link