SBK第8戦ドニントン・パーク FP2 4位レイ「今の作業を続けたい」

前回バウティスタにポイントスタンディングで一気に追いついたレイ。地元、そしてバウティスタがスーパーバイク走行経験がないドニントン・パークは、レイがバウティスタを追い抜くには絶好の機会だと言えます。

ジョナサン・レイ

「午後はロングランを実施しフィジカル面で良いフィーリングでした。午前中はバイクを扱うのが難しく、フロントに荷重を移動させて高速コーナーでターンさせるのが難しかったんです。バイクの後ろ側に荷重がかかり過ぎている気がするので、ライディングポジションの調整もしています。午後は快適に走行出来てさらに高速に走行出来ました。TOPから離されていませんし、この作業を続けたいと思います。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)