MotoGP2019ドイツGP 予選5位ミラー「フロントタイヤがもう限界だった」

Ducati最上位となったミラー。トラックが狭くコーナーが連続するトラックでは、アンダーステア気味のDucatiは苦戦しがちですが、Ducatiライダーの中では誰よりも体をイン側に入れるライディングスタイルを取るミラーはそこまで苦戦していないようですが、タイヤが最後まで保つでしょうか。

ジャック・ミラー

「ハードコンパウンドで非常に快適に走行しています。最後ソフトタイヤでもう少し良いタイムが出せたかもですが、フロントタイヤがもう限界だったんです。いずれにせよ2列目は良い結果ですね。明日はタイヤのチョイスが非常に重要になるでしょう。でも自信はありますよ。」

(Source: Pramac)

(Photo courtesy of michelin)