SBK第8戦ドニントン・パーク ファン・デル・マーク「アレックスや他のライダーと戦えると思っていた」

怪我をしている状態でドニントン・パークに出場出来るのか心配されたマイケル・ファン・デル・マークですが、しっかりとポイントを獲得して完走。今週末のラグナ・セカでも自信を持って挑めるとのこと。

マイケル・ファン・デル・マーク

「スプリントレースの後にバイクに変更を加え、間違った方向に進んでしまったんでしょう。リアグリップに苦戦して、皆のように新品タイヤのグリップを引き出せませんでした。良いスタートが出来たのですが、すぐに後退する形になり、何も出来ませんでした。良いペースもありましたけど、もう少しハードにプッシュしたかったんですよ。今週末得たポイントに関しては満足すべきでしょうね。怪我はありましたが、グリップさえあればアレックス、その他のライダー達と戦えると思っていました。腕は思ったよりも良くなっていますし、ラグナ・セカに向けて自信を持って挑むことが出来ます。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)