BMWモトラッド /5シリーズの50周年を記念する限定モデル「R nineT /5」を発表

BMWモトラッドは/5シリーズの50周年、BMWモトラッドがベルリンのSpandauで製造を開始して50周年を記念し、R nineT /5を発表した。クラシック、オーセンティック、オリジナル、そして空冷。BWM R nineTモデルの既存の価値観に加えて、R nineT/5はBMWモトラッドに新たな価値をもたらす。



BMWのモーターサイクルは1960年台に大幅に増加し、ベルリンにおいて生産を行う経営判断が下された。1969年から400名のスタッフによって新シリーズとして、/5シリーズ(R50/5、R60/5、R75/5)の製造が開始された。完全新設計のシャーシ、エンジン、モダンデザインによって、BMWはマーケットに強烈なインパクトを与えた。/5シリーズは大成功を収め、田舎道からツーリングまで、様々な用途でライダーに親しまれた。

R nineT/5はルピナス・ブルーメタリックにスモークエフェクトがかかったカラーリングとなり、燃料タンクには二本のラインが入る。ミラーなど各部はクロームメッキ仕上げとなり、2人乗りシート、フォークにはゴム性のカバーが装着される。

エンジン、ギアボックス、フォークスライドチューブ、ホイールハブ、スプロケットにはアルミニウムシルバーのコーティングが施されている。フレーム、プロペラシャフトケースなどはブラック仕上げ。

BMW R nineT /5 諸元

排気量:1170 cc
最大出力: 81 kW (110 hp) ユーロ4準拠
スポークホイール:3.5 x 17 インチ/5.5 x 17インチ
ブレーキ:320mmダブルディスク(フロント)
ABS:標準装備
ASC:標準装備
ヒートグリップ:標準装備
エキゾースト:2-in-1 ステンレス製
カラー:ルピナス・ブルーメタリック/スモークエフェクト
ダブルシート:標準装備
フォークブリッジ、フットレストなどは鍛造アルミニウム(陽極酸化処理)


(Source: BMW)

(Photo courtesy of BMW)