MotoGP2019 ジャック・ミラー 2020年もPramacレーシングから参戦

Pramacレーシングはジャック・ミラーとの契約更新を発表。これでジャック・ミラーは2020年もPramacから参戦することとなる。使用マシンはファクトリーサポートのGP20で、チームメイトのフランセスコ・バグナイアと同様。パオロ・チャバッティのコメントからすると、Ducatiファクトリーと完全に同一スペックのマシンとのこと。

ジャック・ミラー

「こうして合意に至ることが出来て嬉しいです。Pramacレーシングはスタートからすぐに快適に感じさせてくれたチームで、Ducatiとの関係も良好です。使用バイクも再びファクトリーバイクで、素晴らしい結果を得るために最大限の努力をしたいと思います。Ducatiとチームに今までの素晴らしい作業を感謝したいと思います。」

フランセスコ・グイドッティ

「我々のメインゴールは若いライダーを育て、彼らにファクトリーバイクをライディングする機会を与えるというものです。ジャックは素晴らしい才能を持っており、彼のライダーズスタンディングがそれを証明しています。彼が来年もPramacで参戦してくれることを嬉しく思います。2019年にさらなる素晴らしい結果を得るために邁進していきます。」

パオロ・チャバッティ

「PramacレーシングとファクトリーサポートGP20をジャックとペッコに供給出来ることを嬉しく思います。DucatiがMotoGPクラスで同一スペックのファクトリーバイクを4台供給するのは来年が初めてです。Pramacレーシングの素晴らしい努力によって、さらなるデータを収集し開発に役立てることが出来ます。これはさらなる結句を獲得、ライダー間のフェアでポジティブな競争を加速するためです。来年ジャックがDucatiのバイクで走ってくれることを嬉しく思います。彼はDucatiチームに2018年に加わって以来、着実に成長していますからね。同時にPramacレーシングのDucatiへのコミットメントを感謝します。」

(Source: Pramac)

(Photo courtesy of Pramac)