スコット・レディング 2020年はAruba.it RacingよりWSBKに参戦

Aruba.it Racingは2020年のライダーラインナップを発表。兼ねてから噂のあった通りアルヴァロ・バウティスタは今季限りでDucatiを離れ、そのシートに今季BSBで活躍するスコット・レディングが収まり、チャズ・デイビスは続投となる。

Aruba.it Racingは2020年のライダーラインナップとして、スコット・レディングがチャズ・デイビスのチームメイトに就任、パニガーレV4Rをライディングすることを発表します。イングランドのクイジェリー出身のレディングは現在26歳で、現在BSBでBe Wiser RacingからDucatiパニガーレV4Rで参戦。6勝、ポールポジションを5回獲得し、ランキング2位としています。MotoGPで5年、BSBで1年走った後、WSBKに参戦します。Ducatiで来年7年目を迎えるチャズ・デイビスと共に、イギリス人のライダー2人というラインナップとなります。

スコット・レディング

「DucatiのAruba.it Racingチームから参戦出来て嬉しいですし、ずっとそうしたいと思っていました。世界タイトルを争うことが出来る可能性のあるチームからの参戦は本当に大きな機会です。現時点ではBSBに全力投球したいと思います。世界選手権に復帰する前にBSBのタイトルを獲得したいですから。今回の移籍の実現に関わってくれた皆に感謝したいと思います。WSBKでファクトリー製のパニガーレV4Rに乗るのが待ちきれません。」

チーム代表 ステファノ・チェッコーニ

「スコットをチームに迎え入れることが出来て本当に嬉しいです。彼はBSBでルーキーにも関わらず、パニガーレV4Rに始めて乗ったその時からスピードを発揮、すぐにタイトル争いに参加しています。こうした背景から、チャズのチームメイトを探すという状況になる前から我々も彼の事を興味深く見守ってきました。彼の検診さと経験から、WSBKでもすぐさまスピードを発揮してくれるものと期待しています。今年チームを離れるアルヴァロに関しては、我々に多くの感動を与えてくれました。改めて彼の貢献には感謝をしたいですね。間違いなく来年は手強いライバルとなるでしょう。とは言え、今年はこのチャンピオンシップに集中して行く必要があります。すでにアドバンテージはないものの、まだタイトル争いの行方はわかりません。タイトル争いはまだまだ可能ですので、最大限の力でレースに挑みたいと思います。」

アルヴァロ・バウティスタは今年限りでAruba.it Racingを去ることとなり、10月26日の最終戦カタールが彼の最後のレースとなります。現在バウティスタはランキング2位。WSBKデビューイヤーに、同じくWSBKデビューとなったパニガーレV4Rで、開幕戦フィリップアイランドで優勝した後、その後10レース連勝を重ねました。

Aruba.it Racingは今シーズン最後までアルヴァロ・バウティスタと共に最高の結果が得られるよう、全力で彼を支援します。彼のチームでの働きに感謝すると同時に、彼の素晴らしいキャリアの成功を祈っています。

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)