写真で振り返るMotoGP2019年シーズン 第6戦イタリアGP

写真で振り返るMotoGP2019年シーズン 第6戦イタリアGP

写真で振り返る2019年シーズン。イタリアGPの様子を振り返る。イタリアGPの舞台はDucatiにとってはホームサーキットとも言えるムジェロ・サーキットだ。高低差があることに加えて左右連続するコーナー、MotoGPバイクでは最高速度は350km/hを超える。このレースで優勝することはDucatiライダーにとっては悲願であり、2018年はDucatiで1年目に苦戦を続けたホルへ・ロレンソが優勝した。

マルケスがシーズン4度目のポールポジションを獲得

ドライコンディションで行われた予選でポールポジションを獲得したのはレプソル・ホンダのマルク・マルケスだった。マルケスはDucatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾのスリップストリームを利用して、2位のファビオ・クアルタラロに0.2秒の差をつけてシーズン4度目のポールポジションを獲得した。2位はファビオ・クアルタラロ、3位はDucatiのダニーロ・ペトルッチとなった。
写真で振り返るMotoGP2019年シーズン 第6戦イタリアGP

ダニーロ・ペトルッチがMotoGPクラス初優勝

レースが始まるとホールショットを奪ったのはマルク・マルケス、9番グリッドからスタートしたアンドレア・ドヴィツィオーゾは2位にまで一気にジャンプアップ。3番手スタートのダニーロ・ペトルッチ、ジャック・ミラー、アレックス・リンスなどもトップ争いを繰り広げた。
写真で振り返るMotoGP2019年シーズン 第6戦イタリアGP
ペトロナスのファビオ・クアルタラロは腕上がりの症状に苦しんでペースが上がらず、マーべリック・ビニャーレスも後退、フランコ・モルビデッリは転倒、地元の大声援を受けるバレンティーノ・ロッシも転倒となり、ヤマハにとっては最悪のイタリアGPとなった。

優勝したのはDucatiのダニーロ・ペトルッチで、最終ラップのターン1に備えたブレーキングでマルケスとドヴィツィオーゾに抜かれるも、そのインをターン1で刺して優勝した。レース後には2019年シーズン開幕前のウインターテストからいろいろな事を教えてくれたドヴィツィオーゾに優勝を捧げたいと語っている。


レプソル・ホンダチーム(Repsol Honda Team)

マルク・マルケスマルク・マルケス
ホルへ・ロレンソホルへ・ロレンソ

モンスターエナジー・ヤマハMotoGP(Monster Energy Yamaha MotoGP)

バレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ
マーべリック・ビニャーレスマーべリック・ビニャーレス

チーム・スズキエクスター(Team SUZUKI ECSTAR)

アレックス・リンスアレックス・リンス
ジョアン・ミールジョアン・ミール

Ducatiチーム(Ducati Team)

アンドレア・ドヴィツィオーゾアンドレア・ドヴィツィオーゾダニーロ・ペトルッチダニーロ・ペトルッチ

Red Bull KTM Factory Racing

ポル・エスパルガロポル・エスパルガロヨハン・ザルコヨハン・ザルコ

アプリリアレーシングチーム・グレシーニ(Aprilia Racing Team Gresini)

アレイシ・エスパルガロアレイシ・エスパルガロアンドレア・イアンノーネ

LCRホンダ(LCR Honda)

カル・クラッチローカル・クラッチロー中上 貴晶中上 貴晶

ペトロナスヤマハSRT(Petronas Yamaha SRT)

フランコ・モルビデッリフランコ・モルビデッリファビオ・クアルタラロファビオ・クアルタラロ

プラマックレーシング(Pramac Racing)

ジャック・ミラージャック・ミラーフランセスコ・バグナイアフランセスコ・バグナイア

Red Bull KTM Tech 3

ミゲル・オリヴェイラミゲル・オリヴェイラハフィズ・シャーリンハフィズ・シャーリン

レアーレ・アビンティア・レーシング(Reale Avintia Racing)

ティト・ラバトティト・ラバトカレル・アブラハムカレル・アブラハム

(Photo courtesy of michelin)