写真で振り返るMotoGP2019年シーズン 第9戦ドイツGP

写真で振り返るMotoGP2019年シーズン 第9戦GP

写真で振り返る2019年シーズン。第9戦ドイツGPの様子を振り返る。MotoGPトラックの中で全長4kmを切るトラックであるザクセンリンクは、マルク・マルケスが得意とすることで有名なトラックで、マルケスにとってはまさに庭と言えるほど、彼が圧倒的な強さを過去発揮している。

2018年までの段階で9連続ポールポジション(全クラス合計)してきたマルケスは、2019年のザクセンリンクの予選で10連続ポールポジションを獲得。同様にレースでも優勝し、10連続でポール・トゥ・ウィンを達成した。

マルク・マルケスが10連続ポールポジションを達成


ホンダのマルク・マルケスが10連続となるポールポジションを獲得。2位にはペトロナス・ヤマハ・SRTのファビオ・クアルタラロが0.2秒差でつけ、3位はモンスターエナジー・ヤマハMotoGPのマーべリック・ビニャーレスとなった。4番手アレックス・リンス、5番手ジャック・ミラーだった。

マルク・マルケスが10連続ポール・トゥ・ウィン


マルク・マルケスはスタートで出遅れるもターン1のブレーキングで先頭に立ち首位を奪還すると、そのままレースラップレコードを記録して単独優勝。優勝インタビューでは飛ばしたのは前半10周のみで、残りはタイヤを温存しながら走ったと語る余裕のレース展開だった。

2位にはマーべリック・ビニャーレス、3位カル・クラッチロー、4位ダニーロ・ペトルッチ、5位はアンドレア・ドヴィツィオーゾ、6位ジャック・ミラー、7位ジョアン・ミル、8位バレンティーノ・ロッシ、9位フランコ・モルビデッリ、10位はホルへ・ロレンソの代役として出場した地元ライダーのステファン・ブラドルだった。

レプソル・ホンダチーム(Repsol Honda Team)


モンスターエナジー・ヤマハMotoGP(Monster Energy Yamaha MotoGP)

チーム・スズキエクスター(Team SUZUKI ECSTAR)

Ducatiチーム(Ducati Team)

Red Bull KTM Factory Racing


アプリリアレーシングチーム・グレシーニ(Aprilia Racing Team Gresini)

LCRホンダ(LCR Honda)

ペトロナスヤマハSRT(Petronas Yamaha SRT)

プラマックレーシング(Pramac Racing)


Red Bull KTM Tech 3

レアーレ・アビンティア・レーシング(Reale Avintia Racing)

(Photo courtesy of michelin)