WSBKヘレステスト初日トップタイムはHRCのレオン・ハスラム

レオン・ハスラム

2020年のスーパーバイク世界選手権(SBK)ヘレステストの初日が終了した。気温は低く雨が振り、レッドフラッグも提示される中で、トップタイムを記録したのはHRCで新型CBRを操縦するレオン・ハスラムだった。

2位を獲得したのはマイケル・ファン・デル・マークで、ギャレット・ガーロフが3番手に続いた。4番手を獲得したのはWSBKに今季から参戦するスコット・レディングとなり、5番手はGRTヤマハのロリス・バズ。6番手はBMWのトム・サイクスとなった。

テスト初日にはジョナサン・レイはトラックに出ず、アレックス・ロウズはウェットトラックで走行を重ねた。

(Source: WSBK)

(Photo courtesy of WSBK)