ジョナサン・レイ「今回の素晴らしいフィーリングを他のトラックでも感じたい」

ジョナサン・レイ

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)ライダー達は2日間のテストをミサノで行った。ジョナサン・レイは再舗装によってグリップを大幅に増したミサノ・サーキットで作業を行い、様々なセッティングを試した。レースタイヤ、そして予選用タイヤで走行を重ねたレイは、ポジティブなフィーリングを得てテストを終えた。

今はステップ・バイ・ステップで自信を深めていくことが大事

ジョナサン・レイ

素晴らしいテストでしたし良いスピードで走ることができました。昨日はすべてのことが新しく、特に新しい路面のグリップの高さには驚かされました。グリップが高すぎたのでライディングスタイルを少し変える必要もあったほどです。今日はバイクのセットアップを少し変えて、グリップを逃すような方向性にしてみました。まだ100%の自信はありませんが、タイヤのグリップが落ちた後は気持ちよく走ることができました。」
ジョナサン・レイ
6周、7周ほど走った後は快適に感じましたし、最後はレースタイヤでも充分快適に走ることができました。十分な自信が感じられない時はあまり無理はしません。とにかく今はステップ・バイ・ステップで自信を深めていくことが重要です。

「また、ショーワのサスペンションを含めてセットアップを作り上げることが重要です。今回はあまり試すべきアイテムはありませんでしたが、グリップが非常に高いので、自然な旋回を引き出すことが出来ました。今回のフィーリングを今まで苦戦した別のトラックでも感じたいですね。」
ジョナサン・レイ
(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)