FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)ヘレス戦レース1 優勝スコット・レディング「ポール獲得と優勝、最高の1日」

スコット・レディング

スコット・レディングにとっては、ヘレスで迎えた土曜日は最高の形で終わった。レディングはスーパーボールでポールポジションを獲得し、その後のレース1でWSBK初となる優勝を飾っている。レディングのスタートは完璧ではなかったが、11周目までトプラック・ラズガトリオグルの後ろでタイヤを温存し、残り5周でアタックを仕掛けそのまま優勝となった。
スコット・レディング

完璧なバイクを用意してくれたチームに感謝したい

スコット・レディング

「最高の1日でした。ポールポジションと優勝を同じ日達成できるなんて、これ以上の結果はないでしょう。レース自体は高い気温のせいもあって、非常に辛いものになりました。とは言え、完璧に機能するバイクを用意してくれたチームには感謝したいと思います。」

スコット・レディング
「レースの間は集中出来ていましたが、レースを終えてピットに入った瞬間からものすごい疲れを感じました。本当に極限のコンディションだと思いますし、明日はさらに辛い状況になるでしょう。しかし、これはすべてのライダーが同じ状況ですので仕方がないでしょう。」
スコット・レディングスコット・レディング

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)