FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)ヘレス戦レース1 DNFファン・デル・マーク「トラブルが起きる兆候があった」

マイケル・ファン・デル・マーク

FP3では最速タイムを記録、スーパーポールでの好走が目立ったマイケル・ファン・デル・マークだが、決勝では8周目にマシントラブルが発生。白煙を吹いたマシンを停止させてリタイアとなった。
マイケル・ファン・デル・マーク

明らかにトップスピードの不足を感じた

マイケル・ファン・デル・マーク

「今朝、そしてスーパーポールではバイクに素晴らしいフィーリングがありました。昨日から比較するとR1をしっかりと改善できました。レースでは明らかにトップスピードの不足を感じました。何か問題がある兆候があり、その後すぐに技術トラブルでリタイアとなりました。明日はブレーキングなど別のエリアでの改善が出来ると思いますし、さらに良い結果を得られる自信があります。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)