WSBKアラゴン戦 初日総合1位チャズ・デイビス「レースに最適なタイヤ選択が難しい」

チャズ・デイビス

Ducatiのチャズ・デイビスは得意とするアラゴンの初日に総合1位を獲得。FP2ではユーズドタイヤでレースペースに関して作業を行っている。今回はリアタイヤをスーパーソフト、ソフト2種類、ミディアムの4種類から選択可能なため、ライダーにとっても特性の理解が難しいようだ。
チャズ・デイビス

総合1位で終えることが出来て嬉しい

チャズ・デイビス

「初日を総合1位で終えることが出来て嬉しいです。しかしFP1からFP2にかけて良い作業が出来たと感じます。2週間前のセットアップでFP1を始め、1周目からフィーリングはポジティブでした。このおかげで向かうべき方向性が明確になりました。今回はタイヤの選択肢が多いですから、タイヤをどれにするか理解する作業を進める必要があります。レースで使用するにはどれがベストなのかを理解しなければなりません。」
チャズ・デイビス

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)