WSBKアラゴン戦レース2 4位スコット・レディング「4位という結果は受け入れがたい」

レース1で優勝した後はスーパーポールレースで2位、レース2で4位に終わったレディング。レース2は終始苦戦している様子だったが、終始リアタイヤのグリップ不足に苦しんでいたようだ。今週末もアラゴンでのレースとなるが、問題を解決してレイに挑むことが出来るか。スコット・レディング

十分グリップを得ることが出来なかった

スコット・レディング

「残念ながら序盤からリアタイヤをしっかりと機能させる事に苦戦していました。しっかりとしたリズムでバイクをプッシュするための十分なグリップを得ることが出来ませんでしたね。これからの二日間でこの問題がバイクによるものか、タイヤなのか理解する事が必要です。というのもチャズはスピードを発揮していますからね。レース1で優勝、レース2で4位なんて結果は受け入れがたいですよ。」
(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)