スーパーバイク世界選手権 テルエル戦レース1 2位ジョナサン・レイ「リナルディのペースが落ちると思っていた」

ジョナサン・レイ

ポールポジションからスタートしたレイは、マイケル・ルーベン・リナルディに抜かれた後にリナルディのペースが落ちることを予想してようだが、リナルディはそのまま走りきり、レイは2位で完走した。チャンピオンシップにおいてはライバルのレディングの転倒にも助けられている。
ジョナサン・レイ

リナルディのタイヤコントロールは素晴らしかった

ジョナサン・レイ

「アラゴンではトラックポジションが全てですから、スーパーポールでは全力を尽くしました。素晴らしいバイクを用意してくれたチームには感謝したいと思います。スーパーポールは早めに走行を開始して邪魔が入らない状態で走ろうと思っていました。結果的にラップタイムは満足いくものでしたね。」

「気温が高まると、最もソフトなSC0のリアタイヤが多くの選手にとって選択肢となると思っていましたから、グリッド上で異なるフロントを使用してプッシュ、ペース配分が必要になる可能性を考えていました。」

「リナルディに抜かれた際、彼がどのタイヤを履いているのかは明らかでした。その後追いつけると思っていたんですが、彼は本当に素晴らしい走りでタイヤをコントロールしていましたね。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)