カタルーニャGP初日 総合7位ジョアン・ミル「初日は誰にとっても難しいコンディションだった」

ジョアン・ミール

難しいコンディションの初日は各ライダーの実力が分かりにくいと語るジョアン・ミル。初日は落ち着いてラップタイムを求めずにレースに向けたセッティングを行ったようで、予選そして決勝に向けて期待が持てると言える。
ジョアン・ミル

誰にとっても難しいコンディションだった

ジョアン・ミル

「今日のトラックは非常に滑りやすく、風が強く、最適なタイヤを見つけることが難しかったので、誰にとっても難しい走行だったでしょう。こうしたコンディションもあって、初日は誰が早くて誰が遅いのか分かりづらい状況です。自分に関してはユーズドのリアミディアムタイヤで作業を重ね、レースに向けた情報を集めていました。ラップタイムのためにプッシュして走行していませんが、悪くないタイムが記録できています。明日の予選走行が楽しみです。」
ジョアン・ミル

(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of michelin)