MotoGP2021 ドイツGP8位 ヨハン・ザルコ「レース後半にタイヤが摩耗してしまった」

MotoGP2021 ドイツGP8位 ヨハン・ザルコ「レース後半にタイヤが摩耗してしまった」

ヨハン・ザルコはポールポジションからスタートしたが、マルク、アレイシ・エスパルガロに先行を許し、その後アレイシ・エスパルガロにおいつく事が出来ないままにレースを消化、後半はタイヤが摩耗したことからバトルが出来ない状況となった。先行逃げ切り型のレースが出来るポジションながら、それを活かせなかったとレースとなった。

Advertisement
MotoGP2021 ドイツGP8位 ヨハン・ザルコ「レース後半にタイヤが摩耗してしまった」

マルクについていけるペースはあった

ヨハン・ザルコ

「ポールポジションを活かして序盤は走行出来ました。スタート時点で重要だったのはアレイシ・エスパルガロをパスして、マルクについていくことでした。それだけのペースはあったと思います。しかし最終的にアレイシ・エスパルガロをパスすることが出来ず、レース後半になるとタイヤがかなり摩耗してしまっていました。」
MotoGP2021 ドイツGP8位 ヨハン・ザルコ「レース後半にタイヤが摩耗してしまった」

Advertisement

「また、トラックの特定の箇所でタイムを出すことが出来ず、タイヤ摩耗が進むと共に、さらにタイムが悪化してしまいました。ですから、今日はそれ以上のミスをしないように8位に甘んじるしかなかったんです。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事