FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)オランダ戦 レース1でジョナサン・レイが優勝

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)オランダ戦 レース1でジョナサン・レイが優勝

アッセンで開催されているFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)オランダ戦のレース1でジョナサン・レイが優勝。これで同じサーキットで13回優勝した唯一のSBKライダーとなった。ジョナサン・レイはポールポジションを獲得してスタートするが、ジョナス・フォルガーがレース後半に激しく転倒、赤旗でレースが中断されたために少し短いレースとなった。

Advertisement


マイケル・ルーベン・リナルディは序盤に転倒してリタイアしている。チームメイトのスコット・レディングは今回2位となり、3位にトプラック・ラズガトリオグルとなった。

オランダが母国のマイケル・ファン・デル・マークが4位、ロカテッリが5位、ギャレット・ガーロフは6位、サイクス7位、レオン・ハスラムが8位、チャズ・デイビスが9位、バッサーニが10位、野左根はリタイアに終わった。

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事