WSBKマニクール戦レース1 2位ジョナサン・レイ「コーナーエントリーでプッシュしすぎてしまっている」

WSBKマニクール戦レース1 2位ジョナサン・レイ「コーナーエントリーでプッシュしすぎてしまっている」

レース1を2位で終えたジョナサン・レイは、タイヤのグリップ、そしてそこから発生するフロントタイヤへの信頼感という部分でトプラック・ラズガトリオグルほど十分なフィーリングを感じることが出来ていないようだ。
WSBKマニクール戦レース1 2位ジョナサン・レイ「コーナーエントリーでプッシュしすぎてしまっている」

Advertisement

エンジニア達に良いフィードバックが出来る

ジョナサン・レイ

「タイヤのグリップが落ちると、コーナーエントリーで少しプッシュしすぎてしまっている状況になりました。相対的にフロントをプッシュしてしまう状況になり、ストッピングパワーが全体的に弱くなりました。これは単純なブレーキだけの話ではなくて、フロントタイヤに自信を感じられるかという話です。」

「明日のレースではその部分が重要になります。長いターン3を終えた後はバイクにメカニカルグリップが非常に良い部分がありました。そこでトプラックの背後につけることが出来ましたが、しかしターン5でバイクを止める際は何も出来ない状況でした。」
WSBKマニクール戦レース1 2位ジョナサン・レイ「コーナーエントリーでプッシュしすぎてしまっている」
「エイペックスに向けての旋回では、一次加速、そして1速での走行の部分でかなりのタイムを失っています。少なくともレースを通じてライバルと一緒に走行していますから、エンジニア達にフィードバックをすることは可能でしょう。」

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事