ドルナ・スポーツ 2026年までカタルーニャ・サーキットとMotoGP開催で合意

ドルナ・スポーツ 2026年までカタルーニャ・サーキットとMotoGP開催で合意

2026年までカタルーニャと契約延長

カタルーニャ・サーキットはドルナスポーツとMotoGP開催に関わる契約を更新。すでに2022年の開催は決定しているが、2023年から2026年に開催されるMotoGPにおいて、少なくとも2回はカタルーニャにおいてMotoGPを開催することに関して合意した。
ドルナ・スポーツ 2026年までカタルーニャ・サーキットとMotoGP開催で合意
カタルーニャは1992年から最高峰クラスを含む世界選手権を開催している歴史あるサーキット。2022年のカレンダーでは6月3日から5日にかけてMotoGPが開催される。2023年からは少なくとも2回の開催が決定しているということになる。

Advertisement

ロジャー・トレント カタルーニャ・サーキット代表

「モーターサイクルの世界において最も重要なレースに開催が引き続き出来ることを嬉しく思います。これはスペインのファンにとって素晴らしいニュースですし、世界にむけてカタルーニャ、バルセロナを発信する意味でも重要です。また、グリーンエネルギーへの意志を表明したMotoGPとの繋がりという意味でも、極めて重要な決定となります。」

カルメロ・エスペレーター ドルナスポーツCEO

「カタルーニャサーキットと5年間の契約延長は、MotoGPにとっても素晴らしいニュースです。ドルナ設立当初から関わりのあるカタルーニャ・サーキットは、毎シーズンにおいても重要なイベントの一つです。この5年間の契約延長は、改めてプロモーターのMotoGPに対するコミットメントの現れと言えるでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事