MotoGP2022 ライダー/クルーチーフの組み合わせが決定

MotoGP2022 ライダー/クルーチーフの組み合わせが決定

2022年のMotoGP参戦チームが決定し、合わせてライダーとクルーチーフの組み合わせも決定している。長年組んで来て変わらない組み合わせが変わらないチームもあれば、組み合わせが変わるチーム、ルーキーを抱えるチームなど様々だ。また、チームマネージャーが不在のTeam SUZUKI ECSTAR(チーム・スズキ・エクスター)、Red Bull KTMファクトリーレーシング、Pramacレーシングが、誰をチームマネージャーに迎えるのかにも注目が集まる。

レプソル・ホンダチーム


Advertisement

マルク・マルケスは今まで同様にサンティと組むことになる。ポル・エスパルガロは今まで、ダニ・ペドロサ、ジャック・ミラー、中上 貴晶、ロレンソなどと組んできたアウリンと組んで2022年を戦う。
マルク・マルケス/サンティ・エルナンデス
ポル・エスパルガロ/ラモン・アウリン

モンスタエナジーヤマハMotoGP

バレンシアGP 予選8位ファビオ・クアルタラロ「フロントタイヤがソフト過ぎる」

ファビオ・クアルタラロは2019年から組むグベッリーニと2022年もペアを組んで戦う一方、フランコ・モルビデッリはマーべリック・ビニャーレスの元サスペンションテクニシャンであるプリマーを起用する。
ファビオ・クアルタラロ/ディエゴ・グベッリーニ
フランコ・モルビデッリ/パトリック・プリマー

Ducati Lenovo チーム

バレンシアGP 予選2位フランチェスコ・バニャイア「今日はマルティンのほうがいい走りをしていた」

Ducati Lenovo チームはライダー、クルーチーフ共に変更はなし。クリスチャン・ガバリーニはストーナーと共に2007年に達成したチャンピオン優勝を狙うことになる。
フランチェスコ・バニャイア/クリスチャン・ガバリーニ
ジャック・ミラー/クリスチャン・ププリン

Team SUZUKI ECSTAR(チーム・スズキ・エクスター)

アルガルベGP 初日総合4位ジョアン・ミル「優勝争いが出来るかどうか」

Team SUZUKI ECSTAR(チーム・スズキ・エクスター)のガレージでもライダーとクルーチーフに変更はない。スズキに関しては今まで佐原氏が兼任してきたチームマネージャーが誰になるのかといったところだ。
ジョアン・ミル/フランチェスコ・カルチェディ
アレックス・リンス/ホセ・マヌエル・カゾー

Red Bull KTMファクトリーレーシング

MotoGP2021カタルーニャGP 初日総合4位ブラッド・ビンダー「全体的なフィーリングは悪くない」

Advertisement

KTMファクトリーについてもライダーとクルーチーフの変更はない。しかしKTMはマイク・ライトナーをチーム代表から外し、新たにPramacを率いてきたフランチェスコ・グイドッティを迎えると噂されている。
ブラッド・ビンダー/アンドレス・マドリード
ミゲール・オリベイラ/ポール・トレバサン

アプリリア・レーシング

エミリア・ロマーニャGP 初日総合3位アレイシ・エスパルガロ「ウェットでは感触が良くない」

アプリリアは2022年からフルファクトリー体制で戦うが、アレイシ・エスパルガロについては体制の変更はなし。マーべリック・ビニャーレスはアプリリアでシャーシエンジニアを勤めたジョバンニ・マッタローロと組んで2022年を戦う。
アレイシ・エスパルガロ/アントニオ・ヒメネス
マーベリック・ビニャーレス/ジョバンニ・マッタローロ

LCR ホンダ

LCRホンダに関しても他のいくつかのチームと同様にライダーとクルーチーフのラインナップに変更はない。
中上 貴晶/ジャコモ・グイドッティ
アレックス・マルケス/クリストフ・ブルギニョン

WithU ヤマハ RNF チーム

ドヴィツィオーゾはヤマハのインディペンデントチームへの加入と同時に、ヤマハでの経験が長いフォルカダと組むことになる。ドヴィツィオーゾと共にM1の改善作業に向けての期待が持たれる。
アンドレア・ドヴィツィオーゾ/ラモン・フォルカダ
ダリン・ビンダー/ノエ・エレラ

Pramacレーシング

MotoGP2022ヘレステスト ヨハン・ザルコ「ペッコと比較すると改善が必要な点がある」

Advertisement

Pramacレーシングに関してもDucatiファクトリー同様にライダー、クルーチーフに変更なし。しかしPramacの場合は、チーム代表のフランチェスコ・グイドッティがKTMに移籍すると見られており、チーム体制について混乱が多少なりとも発生するのは間違いない。
ヨハン・ザルコ/マルコ・リガモンティ
ホルヘ・マルティン/ダニエレ・ロマニョーリ

VR46レーシングチーム

ルカ・マリーニはバレンティーノ・ロッシの元クルーチーフであるダビド・ムニョスと組み、新人のマルコ・ベッツェッキはバレンティーノ・ロッシの元データ・エンジニアであるマッテオ・フラミニと組むことになる。
ルカ・マリーニ/ダビド・ムニョス
マルコ・ベッツェッキ/マッテオ・フラミニ

Gresini Racing

2021年は特にレース後半での強さが印象的だったエネア・バスティアニーニはアルベルト・ジリブオラと組む。ルーキーのファビオ・ディ・ジャンアントニオはドナテッロ・ジョバノッティと組んで2022年を戦う。
エネア・バスティアニーニ/アルベルト・ジリブオラ
ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/ドナテッロ・ジョバノッティ

テック3KTMファクトリーレーシング


Advertisement

テック3KTMは新しいライダー2名を迎えて2022年を戦う。アレックス・メーハンドはテック3でデータエンジニアを長年続けた後にクルーチーフへと昇格。ルーキーのフェルナンデスはニコラス・グヨンと組んで戦う。
レミー・ガードナー/アレックス・メーハンド
ラウール・フェルナンデェス/ニコラス・グヨン

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事