MotoGP2022 ホルヘ・ロレンソ 3年間の空白を経てMoGP殿堂入り

MotoGP2022 ホルヘ・ロレンソ 3年間の空白を経てMoGP殿堂入り

ホルへ・ロレンソ5度の世界チャンピオン、MotoGPで47勝を上げたホルヘ・ロレンソは、3年間の空白を経てMotoGP殿堂入りを果たす。ロレンソは2019年の引退時点でMotoGP殿堂入りがノミネートされていたが、コロナによる影響で殿堂入りが遅れていた。

ロレンソの殿堂入りを祝うセレモニーはヘレス・サーキットで土曜日の現地時間18時に開催される。ロレンソはヘレスで15歳の誕生日にデビュー戦を戦い、最終コーナーには彼の名前がついている。

Advertisement

ロレンソがキャリア初優勝を達成したのは2003年、68回目の優勝は2018年に達成している。2006年、2007年は250ccクラスのタイトルを獲得し、MotoGPデビュー戦でポールポジションを獲得。最高峰クラス3戦目でクラス初優勝を達成した。

そしてMotoGPクラスにおいては、2010年、2012年、2015年にタイトルを獲得している。彼はヤマハで3度タイトルを獲得、ヤマハでは44勝、Ducatiで3勝を達成している。その後はホンダに移籍、2019年末で現役を引退している。ホルへ・ロレンソ

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事