MotoGP2022ドイツGP 3位ジャック・ミラー「今までで最もタフなレースだった」

MotoGP2022ドイツGP 3位ジャック・ミラー「今までで最もタフなレースだった」

MotoGP2022ドイツGP 3位ジャック・ミラー「今までで最もタフなレースだった」ジャック・ミラーはヨハン・ザルコに続いて3位を獲得。ロングラップペナルティーを課されたものの、安定した走りで走行を重ねてサバイバルレースの様相を呈したレースで3位となった。

Advertisement

大きな自信を感じてレースが出来た

ジャック・ミラー

「自分が今まで経験した中で最もタフなレースでした。気温がとにかく暑かったですし、その環境の中でフィジカルにタフなサーキットで走り続けでしたから。走っていても他のバイクの熱があるので、全然涼しくないんですよ。」

「ただ、バイクのフィーリングが非常に良くて自信を感じてレースが出来ました。オーバーテイクの動きも今日は思うように出来ていましたしね。ここまで自信を持って走行出来ていると本当に楽しかったです。ロングラップペナルティーは残念でしたけど、それ以外は全体的にいいレースでしたね。」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事