バニャイアがビニャーレスを抑えて優勝 MotoGP2022イギリスGP

バニャイアがビニャーレスを抑えて優勝 MotoGP2022イギリスGP

イギリスGPの決勝レース結果だ。レースがスタートするとポールポジションからスタートしたヨハン・ザルコがレースをリードするも、ヨハン・ザルコは早々に転倒してリタイア。グリッド中盤から追い上げたリンスはトップに立つも、序盤にタイヤをプッシュしすぎたか交代。

変わってトップに立ったのはフランチェスコ・バニャイア。その後方ではジャック・ミラー、ホルヘ・マルティン、マーべリック・ビニャーレスが表彰台争いを展開。終盤にマーべリック・ビニャーレスが素晴らしいペースでフランチェスコ・バニャイアを追い上げるも、最終ラップに何度かブレーキングでワイドになり、アプリリアでの初優勝のがした。

優勝はフランチェスコ・バニャイア、2位マーべリック・ビニャーレス、3位ジャック・ミラーとなり、4位はウイングを失いながらもレース終盤に追い上げたエネア・バスティアニーニ、5位ホルヘ・マルティン、6位ミゲル・オリヴェイラ、7位アレックス・リンス、8位ファビオ・クアルタラロ、9位はFP4のハイサイドの痛みを堪えて走りきったアレイシ・エスパルガロ、10位マルコ・ベッツェッキとなった。

Advertisement

優勝フランチェスコ・バニャイア

「難しいレースでしたし、週末を通じてリアグリップに苦戦しました。今朝はハードリアを使って良いフィーリングを見つけました。チームが素晴らしい仕事をしてくれましたので感謝しています。今日の優勝は自分にとっては最高の優勝の1つですね。」

2位マーべリック・ビニャーレス

「スタートでリアハイトデバイスが使えなかったものの落ち着いてリズムを取り戻しました。最後にペッコにアタック出来ましたが、次はフロントからスタートしてプッシュしたいですね。今日はトラックで力強さを感じて走行出来ました。」

3位ジャック・ミラー

「2位という結果は満足ですが、終盤は苦戦しました。残り6周からフロントが厳しくなって高速コーナーで右側が限界で、バイクを曲げるためにリアタイヤを使っていたんです。最高の夏休み明けのレースですね。」

順位ライダー名タイム
1位フランチェスコ・バニャイア40’10.260
2位マーべリック・ビニャーレス40’10.686
3位ジャック・ミラー40’10.874
4位エネア・バスティアニーニ40’11.911
5位ホルヘ・マルティン40’12.010
6位ミゲル・オリヴェイラ40’12.987
7位アレックス・リンス40’13.281
8位ファビオ・クアルタラロ40’14.079
9位アレイシ・エスパルガロ40’14.218
10位マルコ・ベッツェッキ40’16.906
11位ブラッド・ビンダー40’17.990
12位ルカ・マリーニ40’23.699
13位中上 貴晶40’23.966
14位ポル・エスパルガロ40’24.166
15位フランコ・モルビデッリ40’26.619
16位アンドレア・ドヴィツィオーゾ40’31.065
17位アレックス・マルケス40’31.359
18位レミー・ガードナー40’34.839
19位ステファン・ブラドル40’39.033
20位ダリン・ビンダー40’43.913
21位ラウル・フェルナンデス40’45.861
22位ファビオ・ディ・ジャンアントニオ40’46.720

MotoGPカテゴリの最新記事