Aruba.it Racing – Ducatiチーム バウティスタがフィリプアイランド最終テストで最速タイム

The Aruba.it Racingはフィリプアイランドで2019年のWSBKシーズンの最後のシーズン前テスト初日に参加。アルヴァロ・バウティスタがパニガーレV4Rで1’30.743の最速タイムを記録。これはマルコ・メランドリが記録したレースレコードを上回るもの。バウティスタは4時間の走行時間で61周を周回しました。

チャズ・デイビスは厳しい1日となり13番手でテストを終了。最初のセッションでは技術トラブルに見舞われ、午前は21周の走行で終わりました。午後はトラックコンディションが悪化、風も強くなり、チャズは35周を追加で走行。その中でV4Rとの信頼関係を築くことに集中しました。彼のベストラップは1’32.783となりました。

明日もチームは9:10にトラックに戻り、最終日のテストを続けます。なおWSBK開幕戦はフィリプアイランドにおいて今週末22日〜24日に開催となります。

アルヴァロ・バウティスタ (Aruba.it Racing – Ducati #19) – 1’30.743 – 1st
「今日はポジティブな1日でバイクからすぐに良い感触を得ました。メインはシャーシセットアップを進めましたが、実は今までこうしたテストが出来なかったんです。バイクの旋回性を改善出来たことが嬉しくて、コーナー進入時により自信を感じることが出来ます。この後はデータをしっかりと見てさらに前進を続けたいと思います。とは言え今日は非常に嬉しいですよ。」
チャズ・デイビス (Aruba.it Racing – Ducati #7) – 1’32.706 – 13th
「今日はタフな1日でした。現時点ではバイクへの信頼感を増すためにセットアップと共に少しずつ前進して行く段階なんです。タイムは別としてバイクへの信頼感は増したと思います。改善はしたものの、まだまだ改善すべき点はありますね。背中の怪我もあってバイクに冬の間あまり乗れていませんし、バイクをしっかりと走らせるコンディションでもなかったんです。レースに向けて快適さが増していけば嬉しいです。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)