F.C.C. TSR Honda Franceがオッシャースレーベンを制し、Team SRC Kawasaki Franceはチャンピオンシップ首位で鈴鹿8耐へ

オッシャースレーベンではレース開始時点から4チームが激しく争う展開となり、大きなドラマはレース終了1時間半前に訪れた。YARTヤマハはF.C.C. TSR Honda Franceと優勝争いの最中にエンジンに問題が発生。

これでF.C.C. TSR Honda Franceが優勝し、Team SRC Kawasaki Franceが2位を獲得。この結果でTeam SRC Kawasaki Franceはチャンピオンシップスタンディングで首位に浮上。

Suzuki Endurance Racing Teamは2度の転倒という不運に見舞われて10位で完走。オッシャースレーベンの前ではチャンピオンシップスタンディングをリードしていたスズキはTeam SRC Kawasaki Franceに5ポイントのビハインドを抱えて鈴鹿8耐を迎える。

(Source: EWC)

(Photo courtesy of EWC)