MotoGP2019オーストリアGP 10位ロッシ「レースタイヤで良いペースで走行出来ている」

ペースは悪くないながら、4列目スタートということで厳しいレースを予想するロッシ。レース序盤、終盤の追い上げを期待したいところ。

バレンティーノ・ロッシ

「今朝、特にFP3は良いセッションでした。レースタイヤで良いペースで走行出来ています。FP4はかなり使い古したタイヤで、レース終盤のフィーリングを確認する中で少し苦戦しました。この走行のせいでFP4はタイムが出ていません。とは言え、自分がユーズドタイヤで作業をする中、多くの選手が新品タイヤを履いて作業していました。でも10番手というポジションは満足出来ていません。予選では少しミスをしたこともあって限界で走行出来ていないんです。問題は5番手から12番手までのペースが接近しているということです。4列目スタートは厳しいですが、ペースは悪くありません。とは言えレースでは多くの選手が良いペースですので、明日のコンディションをしっかりと確認する必要があるでしょう。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)