ハフィズ・シャーリン 2020年はAngel Nieto TeamからMoto2クラスに参戦

ハフィズ・シャーリンは今シーズン一杯でレッドブルKTMテック3を離れ、2020年はMoto2クラスからAngel Nieto teamのライダーとして参戦する。シャーリンはMotoGP初年度にテック3ヤマハで過ごした後、2年目にはチームの使用マシンがKTMになったことでKTMのバイクで参戦した。

ヤマハのM1ではスピードを発揮したハフィズ・シャーリンだったがKTMのRC16に苦戦、そのシートを2020年はブラッド・ビンダーに奪われることとなった。ハフィズ・シャーリンはMoto2クラスでスポット参戦も合わせると2011年から2017年参戦しており、その中で表彰台を3回獲得しているが優勝経験はない。

マレーシア人ライダーとしてはトップスターであるハフィズ・シャーリンは、セパン・インターナショナル・サーキットCEO、ペトロナスヤマハのチーム代表であるラズラン・ラザリと親交が厚く、ファビオ・クアルタラロがヤマハファクトリーに移籍すると予想される2021年にペトロナスヤマハに移籍する可能性もあるだろう。

ハフィズ・シャーリン

「Angel Nieto Teamと共に良い仕事が出来ると思います。Moto2はよく知ったカテゴリーですが、シャーシ、エンジンが異なっていますしタイヤも違います。Moto2クラスの主要選手と戦ったこともありますし、フロント争いが出来ると思います。TOP5でレースをしたいと思いますし、チームのうち何名かは知った顔ですから、良い仕事が出来るでしょう。」

(Source: angelnietoteam)

(Photo courtesy of angelnietoteam)