ミシュラン パシフィックツアー最後の1戦となるマレーシアへ

ミシュランとMotoGPパドックは今週末のセパン・インターナショナル・サーキットで開催されるマレーシアGPで、3週間連続で開催されるパシフィックツアーを終了します。マレーシアは、タイ、日本、オーストラリア、マレーシア、バレンシアの最後の5戦を象徴する1戦で、タイから続いてきたパシフィックツアーが終了します。

過去4戦の中では様々な天候の中でのレースウィークとなり、今週末のマレーシアにおいても様々な天候となることが予想されます。セパンはテクニカルな側面と気象的にもチャレンジングな場所です。

5,543mのサーキットは5つの左、10の右コーナーを備え、2つのロングストレートが特徴です。高低差もあることに加え、摩擦の高い路面、そして常に路面温度が50℃超えることが普通です。さらに高い気温と湿度も特徴で、これがライダー、バイク、タイヤにとってチャレンジングな状況です。

セパンはタイヤ、バイク、ライダーにとって非常に厳しいトラックで、プレシーズンテストの開催地として知られます。そうした背景もあって、ミシュランはこのトラックで求められる内容を熟知していますが、だからといってそのチャレンジが容易であるということではなく、タイヤはこのサーキットの要求に沿い、ライダーが求めるパフォーマンス、耐久性、コンスタントさを発揮する必要があります。

トラックの要求に合わせてMICHELIN Power Slickタイヤはソフト、ミディアム、ハードが用意されます。今回のタイヤはトラックの路面、アスファルトの熱に対抗しつつ、パフォーマンスに関する妥協がありません。フロントは左右対称、リアに関しては左右非対称となり、タイヤ右側が硬めのコンパウンドとなります。

マレーシアは熱帯地方に位置するため、日常的に雨が降り続きます。そのため豪雨が週末の中で降る可能性は高いと言えるでしょう。こうした可能性を踏まえ、MICHELIN Power Rainタイヤも投入されます。コンパウンドはソフト、ミディアムとなり、いずれもフロント、リア共にラインナップされます。リアタイヤに関してはタイヤの右側が硬めとなる左右非対称コンパウンドとなります。

ミシュランとMotoGPパドックは最終戦1つ前のレースとなるマレーシアGPにおいて、練習走行を11月1日金曜日から開始。土曜にさらに2つの練習走行、日曜のグリッドを決定する予選が行われ、決勝レースは20周で争われます。MotoGP第18戦は11月3日の現地時間15時に開催されます。

2輪モータースポーツグループ・マネージャー:ピエロ・タラマッソ

「アジア、オセアニアの長いツアーがようやく終了します。だからといってリラックスするわけではありません。マレーシアGPは非常に重要な1戦で、最もタイヤへの要求が厳しいサーキットの1つでもあるからです。ここ3戦では、激しい雨から高い気温まで様々な天候となりました。しかし、マレーシアGPではオーストラリアのような寒さはないものの、今までの全ての状況が再現される可能性があります。」

「セパンに関しては他のいかなるサーキットよりも多くのデータがあると思いますが、このトラックの要求が大きいということは変わりません。非常にテクニカルですし、路面の摩擦は高く、アスファルトは通常非常に高い温度になります。タイヤにとっては大きく異なるコンディションでの走行になる可能性が非常に高く、この天候の移り変わりは週間単位ではなく時間単位で起こりますので、激しい雨が降ったかと思うと、すぐに乾いてしまうということが起きえます。こうした状況では正しいタイヤが選択される必要がありますが、ミシュランの度重なるテスト、知識から、今週末も最適なタイヤを供給出来るという自信があります。」

(Source: michelin)

(Photo courtesy of michelin)