ヘレステスト初日 トップタイムはビニャーレス

スペインのヘレスで昨日から開催されているMotoGP2020年テスト初日、トップタイムを記録したのはモンスター・エナジー・ヤマハのマーべリック・ビニャーレスだった。タイムは1:37.131で2番手のファビオ・クアルタラロを0.7秒以上上回った。なお、テストは本日も開催され、この先は年明けの2月7日のセパンテストまで公式テストはない。各メーカー、ライダーはできる限りのデータを収集、セパンで2020年型のシェイクダウンに向けて開発を進めることになる。

ビニャーレスが1:37.131のトップタイムを記録

マーべリック・ビニャーレスはこの日68周を走行し、60周目に最速タイムを記録している。この日は主に2019年型のシャーシ、エンジンを、2020年型のプロトタイプのシャーシ、エンジンと比較する作業を行い、ヤマハのエンジニアにフィードバックするためのデータ収集を行っていた。

3位はスズキのジョアン・ミール、4位アレックス・リンス、5位フランコ・モルビデッリ、6位マルク・マルケス、7位カル・クラッチロー、8位ポル・エスパルガロ、9位ダニーロ・ペトルッチ、10位アンドレア・ドヴィツィオーゾ、11位ジャック・ミラー、12位アレイシ・エスパルガロ、13位アンドレア・イアンノーネ、ロッシはヤマハ最後尾の14位となった。マーべリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロ、フランコ・モルビデッリが好調だが、ロッシのタイムには不安が残る。

15位ティト・ラバト、16位ギュントーリ、17位アレックス・マルケス、18位ブラッドリー・スミス、19位ミケーレ・ピッロ、20位イケル・レクオーナ、21位ブラッド・ビンダー、22位エリック・グラナドとなった。