ヤマハ マウンテントレールの世界観を開拓したロングセラーモデル 「SEROW250 FINAL EDITION」を発売

ヤマハの人気モデルであるセロー(SEROW250)の生産終了がアナウンスされた。オフロード走行ビギナーからベテランまで扱いやすいエンジン特性、オフ車随一の足つき、転倒時のトラブルが少ない空冷エンジンを搭載した人気車だったが、年々厳しくなる排ガス規制の中で、空冷車両の新車販売が厳しくなるのは仕方ないのだろう。

ヤマハのロングセラーモデルのSEROW250が生産終了

1985年に発売されたセロー(SEROW)はスリムでコンパクトな車格、2輪2足をコンセプトとした足つき性、扱いやすい空冷単気筒エンジンで、「マウンテントレール」という独自の世界観を生み、発売から人気の高かったモデルだが、発売から35年でその幕を閉じる。

今回2020年1月15日から発売される「SEROW250 FINAL EDITION」は、空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ・単気筒・249cm3エンジンを搭載しており、1985年当時の初代モデルを彷彿とさせる「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)」と「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)」2色のカラーリングを採用。

カラーフレームや燃料タンク上の「FINAL EDITION」エンブレムなど、歴史あるモデルのファイナルに相応しい上質さや特別感を強調している。

名称発売日メーカー希望小売価格販売計画
「SEROW250 FINAL EDITION」
・パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)
・パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)
2020年
1月15日
588,500円
(本体価格535,000円/消費税53,500円)
4,000台
(年間、国内)

 

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of yamaha-racing)