WSBKポルティマオテスト1日目 トップタイムはスコット・レディング

スコット・レディング

26日、27日に開催されているポルティマオテストの初日でトップタイムを獲得したのは、今年からWSBKに参戦しているスコット・レディングだった。テストは晴れ間が出て、ヤマハがセッションをリードする中でレディングが1’41.179のトップタイムをマーク。

0.573秒遅れでTen Kate Racingヤマハのロリス・バズが2位となり、3位はPATA YAMAHA WORLDSBK OFFICIAL TEAMのトプラック・ラズガトリオグルだった。4番手はマイケル・ファン・デル・マーク、5位にBMWのユージーン・ラバティ、6位トム・サイクス、ARUBA.IT Racingのチャズ・デイビスは7位だった。HRCのレオン・ハスラムは8位、サンドロ・コルテセが9位、ギャレット・ガーロフは10位となった。

(Source: WSBK)

(Photo courtesy of Ducati)