Kawasaki Racing Team WorldSBK 2020年のカラーリングを披露

Kawasaki Racing Team WorldSBK 2020年のカラーリングを披露

24日月曜日、25日火曜日にオーストラリアのフィリップアイランドにおいてFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)の開幕戦前の最後のテストが開催される。これに先立ちKRTは2020年のZX-10RRのカラーリングを公開した。なお、開幕戦は29日〜3月1日に開催となる。


Kawasaki Racing Team WorldSBK 2020年のカラーリングを披露

ジョナサン・レイ

「シーズンオフは天候の面でアンラッキーな日が続いたので、今回のテストではレーススピードを取り戻していくことになるでしょう。今回のテストではバイクの旋回性を改善していきたいと思います。昨年のフィリップアイランドのセットアップがベストだと思っていませんので、いくつかのアイディアを試したいと思っています。」

「このトラックでは、タイヤの消耗が常に問題になりますのでテストでは周回を重ねて理解を深めていきたいと思います。テストではレース同様の気持ちで挑み、バイクから最高のパフォーマンスを引き出し、セットアップを進めたいと思います。月曜日はまずはバイクのフィーリングを確かめることになるでしょうね。」

Kawasaki Racing Team WorldSBK 2020年のカラーリングを披露

アレックス・ロウズ

「スペインでは雨が続いたので、ここではドライで周回を重ねることになると思います。今回のターゲットの1つは、バイクを異なるトラックで走らせ学習を進めることです。このトラックは高速でスロットルを開けながら向きを変えることが多く、ヨーロッパのトラックとは性格がかなり異なります。ですから、初日の目標としてはこのトラックでバイクの挙動を理解することです。」

「チームの皆がこのバイクに関して豊富なデータを持っていますから、自分がバイクのセットアップで悩む事はないと思います。今のところライディングをする中でずっと快適に走行できていますから、チームは自分の好みをしっかりと理解してくれていると思います。2日目は走行距離を重ね、タイヤライフに関して作業進めたいと思います。タイヤの消耗はこのトラックでは常に重要な要素ですからね。」
Kawasaki Racing Team WorldSBK 2020年のカラーリングを披露Kawasaki Racing Team WorldSBK 2020年のカラーリングを披露

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)