ホルへ・ロレンソ「Ducatiに残っていれば2019年にタイトル争いが出来たはず」

ホルへ・ロレンソ

ロレンソは2017年にDucatiに移籍、2017年は優勝はゼロ、2位表彰台を1回、3位表彰台を2回獲得。2018年は優勝を3回、2位表彰台を1回獲得している。一方のダニーロ・ペトルッチは2019年にムジェロで優勝、3位表彰台を2回獲得している。1年目の結果と獲得ポイントを見ればダニーロ・ペトルッチの成績が上回るが、長い目で見ればホルへ・ロレンソであればタイトル争いに絡めていた可能性もある。

終わったことに関してはすべて「たられば」の話だが、ロレンソ自身も2019年にDucatiに残っていれば、タイトル争いが可能だったと語る。

ホルへ・ロレンソ

「Ducatiは自分に多くを投資しました。しかし自分は3度のMotoGPチャンピオンですから、それだけの価値はあったと思います。1年半が経った時点で勝利はありませんでしたが、2017年にミサノで優勝していたら状況は全く異なっていたでしょう。Ducatiは自分に対する投資額を問題とし、格安のイタリア人であるダニーロ・ペトルッチに目をつけました。」

残念だったのはDucati側が忍耐強く待ってくれず、全てを性急に決めてしまったことです。その時点で自分達は優勝するために必要なピースを見つけていましたが、全てが遅すぎました。Ducatiに残っていたとしたら、2019年にタイトル争いをすることだった可能だったはずです。」

(Photo courtesy of michelin)