延期となっていたドイツGP、オランダGP、フィンランドGPが全て中止

新型コロナウイルスの影響で3戦全てが中止

FIM、IRTA、ドルナスポーツは、開催延期が既に決定していたドイツGP、オランダGP、フィンランドGPについて、新型コロナウイルスの影響で3戦すべての中止を決定した。

ドイツGPは6月19日から21日、オランダGP6月26日から28日、フィンランドGPは7月10日から12日に開催が予定されていたものだ。なお、この3戦が中止となったことで、併催となるMotoEワールドカップ、ノーザンタレントカップ、Red Bull MotoGPルーキーズカップも中止となる。

カルメロ・エスペレーター

「この3戦の中止を発表しなければいけないのは実に残念です。ドイツGPはユニークなトラックで輝かしい歴史があるレースですし、フィンランドGPは1982年以来初めてフィンランドで新しいサーキットで開催となるレースでした。また、オランダGPは歴史あるTTサーキットアッセンで、1949年以降毎年レースを開催してきた唯一のトラックだったのです。」

「ドルナを代表して、今回の中止に際しファンの皆さんには状況をご理解いただいていること、状況が改善するまで忍耐強くお待ちいただいていることを感謝申し上げます。ザクセンリンク、TTサーキットアッセンに2021年に戻ってこれること、そして来年キュミリンクでレースを開催出来ることを楽しみにしています。」

(Source: dorna)

(Photo courtesy of michelin)